×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

:: 主要キャラ

 このサイトでは、味方側のキャラを総称して主要キャラとします。便宜上。
 なお、青字はシリーズオリジナルキャラです。

Megaman(メガマン)初出1号
 日本名はロックマン。言わずと知れた主人公。30年の眠りから覚め、人類を救うべく動き出す。愛称は日本版と同じ「ロック」、もしくは「ロッキー」。
Roll(ロール)初出1号
 日本名はロール。メガマンと同じくDr.ライトの手になる女の子ロボット。メガマンと行動を共にする。ワイリー一派とは浅からぬ因縁が……
Megaman X((メガマン・)エックス)初出2号
 日本名はエックス。メガマン、ロールと共闘すべく合流した、彼らの兄弟機。CAPCOMの本家本元よりは大分お調子者のムードメーカー。
Karinka(カリンカ)初出3号
 日本名はカリンカ。目的不明ながら独自行動をとり、途中からメガマンたちに合流する。本人は戦闘は不得手。
Nastenka(ナステンカ) 初出3号
 護衛としてカリンカに付き従う、赤毛の女性型戦闘用ロボット。
Slasher(スラッシャー)初出5号(名前のみ1号)
 日本名はフォルテ。このシリーズでは味方の模様。途中からメガマンたちに合流し、以降行動を共にしている。
人間たち 初出11号
 オットー、エドゥアルド、アラン、セリーナという名の若者4人。反ワイリーのレジスタンスと思われる。メガマンたちとの合流に成功する(も、活躍前に物語が打ち切られてしまった)。

:: 敵キャラ

 主要キャラの敵側に回っているキャラ一覧。みんな裏でいろいろ繋がってる模様。

Dr.Wily / Dr.Willy / Dr.Willie(Dr.ワイリー)初出1号
 日本名はDr.ワイリー。言わずと知れた敵方総大将。自らをサイボーグ化し、本当に世界征服を実現してしまった。本家本元より遥かに残酷非情で高圧的。
Sand Troopers(サンドトルーパーズ)初出1号
 人型戦闘用ロボ。砂漠用と思われる。ネオ・イレギュラーのザコ敵格。
Maludijan(マルディジャン)初出3号
 ネオ・イレギュラー。部隊を率いてサンパウロを破壊し、そこの責任者となる。ロールを破壊するも、メガマンに倒された。
Jirimum(ジリマム)初出6号
 ネオ・イレギュラー。配下を引き連れてメガマンの基地を襲った。ロック、エックスを苦しめたがロールに破壊された。
Dr.Holzenbein(Dr.ヘルツェンバイン)初出8号
 臓器バンク「Casa Holzenbein(ヘルツェンバイン・ハウス)」を経営、巨万の富を築いている。ワイリーを財政的に支援していると思われる。

:: 保留キャラ

 管理人がどこに入れようか迷ってるキャラ一覧。

Dr.Wright(Dr.ライト)初出4号(名前のみ1号)
 日本名はDr.ライト。メガマン、ロールの親代わり。この物語では(老齢のためか)すでに世を去っており、回想シーンのみに登場。
Protoman(プロトマン)初出4号(名前のみ1号)
 日本名はブルース。ワイリー側に与していると思われるもののメガマンたちとの合流を望んでいるとも見え、2009/10/28時点ではどうも去就がはっきりしないため保留。
Turbo Man(ターボマン)初出5号
 日本名はターボマン。第5号のゲストキャラ。ロボットレースの主催者で、ネオ・イレギュラーではない。当然、メガマン、エックスとの戦闘もなかった。
ZERO(ゼロ)初出11号
 日本名はゼロ。かつてメガマンたちの仲間だったが、現在は敵対している描写あり。2009/10/28時点ではどうも去就がはっきりしないため保留。
Princesa(プリンセス)初出2号
 女性型戦闘用ロボット。何故かまったく独自の行動をとり、カリンカ・ナステンカと敵対した。敵ながらワイリー一派とも思えないため保留。
Dr.Cossack(Dr.コサック)初出9号
 日本名はDr.コサック。カリンカの父。回想シーンのみに登場。ワイリー一派に殺されており、すでに故人(!)。

series top / index