×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

:: 11. 「彼」の帰還

タイトル: "ELE" VOLTOU(「彼」の帰還)
作画担当: Rogerio "Bang" Hanata
初登場キャラ: オットー、エドゥアルド、アラン、セリーナ、ゼロ

:: ストーリー

 ネオ・イレギュラーとの戦いの後始末に追われるメガマン一行。
 ロールはスラッシャーを献身的に看護するものの、彼はまだロールに心を開こうとしない。
 また、基地の修復に追われるナステンカに、エックスはカリンカが30年間歳をとらないことへの疑問をぶつけてみたが、ナステンカははぐらかすばかりで答えは聞けなかった。
 メガマンは模擬戦闘プログラムでトレーニングを受け、自分が更なる進化を遂げていることにとまどう。

 一方、ネオ・イレギュラーに占拠されたはずの市街地では激しい戦闘が繰り広げられていた。ネオ・イレギュラーの群れを難なくなぎ払う赤い影の正体こそ、かつてワイリーに倒されたと思われていたゼロその人だった。
 モニターを通し、狼狽とともにその事実を目の当たりにするワイリー一味。別の場所には、英雄ゼロの復活を喜ぶ四人の人間の若者たちがいた。
 そしてもう一人、ゼロの帰還を静かに歓迎するプロトマン。いよいよ機が熟したと呟き、彼は何かのスイッチを押す。とたん、ロールが激しい頭痛に襲われ、意識を失う。

:: 解説

 9話の回想シーンにだけ出てきたゼロが満を持して登場。敵味方それぞれ思惑が絡む中、終局に向けて、まずは助走のための回と言えます。

<<back / next>>  story / series top / index