×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

:: エピローグ

 ワイリーマシンはまもなく洋上へ出る。
 今頃、軍は必死でこのマシンを探しているだろうが、まあこのステルスがあれば見つかるまい。


 ――ま、とっさに考えたにしては上出来かの。データも回収できたし。
 ワイリーは肩を叩きながら椅子に座った。

 あの時使ったのは、データを渡しながら、渡さない方法だった。
 十年分の紙データは膨大な量に上るが、まずそれをロボットたち全員で手分けして記憶したのだ。
 期間ごとに担当を決め、最初から最後まで全ページを「見る」ことによって、脳内に画像で保存するというやり方だった。

 そして、保存の終わったページは全て、フッター部を切り落として焼き捨てた。
 そこに書かれていたのは、データのタイトル、ページ番号、採取年月日。
 さらに駄目押しで、ファイル背表紙の日付と通し番号をはがし、ついでにファイルごとに全ページをシャッフルしてある。
 つまり軍の手元には、タイトル・採取日不明かつ順不同の紙媒体が大量に残ったわけである。
 見る者が見れば衛星のデータであることは辛うじて分かるだろうが、「どの」衛星か、「どの」順番かを特定するには、気の遠くなるような照合作業が要るはずだった。

 中身が残っていながら屑と化した紙データをつかまされた向こうはかんかんだろうが、知ったことではない。
 ……これで、弔い合戦は果たせたかの。
 ワイリーは大きく息を吐いた。


「毛布をお使いになりますか」
 声をかけられ、ワイリーは顔を上げた。ダイナマンたち三人がいた。
「お、すまんの。もらおうかな」
 微笑して、ワイリーは手を伸ばし、毛布を受け取った。

「長いこと、すまなかったの」
「……いいえ」


 と、誰かの話し声がした。なんとなく耳を澄ませたが、なぜか聞き取れない。
 英語でも日本語でもないようだった。

 ……ああ、ジュピターか。
 日本の基地との定時通信を、彼はもといた星の言葉で行っているのだった。
 そういえば、今日の通信担当は確かネプチューンだったか。

「な、だから、言葉なんて関係ないんだよ」
 それを指しながら、トーチマンにマグネットマンが話すのが聞こえる。
「英語でも何でも、やりやすいようにやればいいんだ」

 その横では他のロボットたちが、脳内のデータをつき合わせているらしかった。
 いい情報だ、これだけあればどんな軍事衛星だって怖くないな。
 メタルマンが感心したようにいい、ビットマンが胸を張った。


 ともすれば自分が生み出し、引き受け、全て面倒を見ていたような気になるけれど、何のことはない、息子たちはみな自分で悩んで、自分で歩いているじゃないか。
 それをワイリーはただ誇らしく、ありがたいと思った。


 窓の雨は小雨へと変わり、日の出を待って薄明るい。


(了)

 意外に重たい話になってびっくり。
 題名の通り、最初はもっとアホっぽくなる予定だったのに。
 ともあれ、四苦八苦のワイリー父さんと悩める子供たちです。

 WilyがWileyになってるとことか、一部ロボの外見がああとか、オフィシャルに従って色々つじつま合わせはしてみましたが、やっぱり破綻してるっぽい。難しいです。
 でもなんかこいつら9人、他と切り離されて生きてた分兄弟仲いいと思うんですよ。その辺ディメンションズとたぶん同じ。

 自分で書いといてナンですが軍人さん危機管理能力なさ過ぎ。

<<back  series top / index